『クラウドハウス労務』が「ザ・ガーディアンズ 人事部門編〜元ロート製薬CHRO髙倉氏と三菱重工HRマネジメント部長引地氏が語る人事の未来〜」に出演

株式会社Techouse(本社所在地:東京都港区、代表取締役社長:礒邉基之)が運営する大企業向け人事労務DXクラウド『クラウドハウス労務』は、バックオフィスDXやデジタル活用に取り組む経営者・ビジネスリーダー向け動画番組「ザ・ガーディアンズ 人事部門編」にクラウドサービス事業部長の中川が出演することをお知らせいたします。

■番組概要

人事の領域では近年、制度を構築し効率的に管理・運用することが中心だった管理型の人事から、経営戦略と人材マネジメントを連動させ、企業の成長に積極的に寄与する「戦略人事」へと進化することが求められています。「CHRO(Chief HR Officer)」の経営ポジションの新設とともに、導入企業が増加している「HRBP(Human Resource Business Partner)」はその象徴といえます。本番組では、経営と事業の成長に貢献する新時代の人事の在り方を考察します。

動画番組名称:ザ・ガーディアンズ 第2回人事部門編
配信元:Japan Innovation Review/JBpress
配信日時:2024年3月28日(木)13:00〜14:00
配信方法:メディア内でのオンライン配信
視聴方法:Japan Innovation Review/JBpressの会員(無料)に事前登録していただくことで、どなたでもご視聴いただけます。※視聴登録の締切は、配信日の前営業日の15時です。

■番組内容

TOPIC1:「人材版伊藤レポート2.0」策定の検討メンバー、元ロート製薬 CHRO髙倉千春氏が徹底解説! 人的資本経営の論点と、これからの人事の役割
・不確実性の時代における人事の役割とミッション
・これからの時代に必要な人事体制の鍵!「Center of Excellence」と「Business Partner」を髙倉氏が深掘り解説
・「人財」の変遷:「Human Asset」から「Human Capital」へ
・ロート製薬の変革事例に学ぶ、個人と会社組織の理想的な関係とは?
・DE& I Belongings Diversity の新潮流
・人的資本経営を根底で支えるものとは?変革実現に向けた組織風土をいかに醸成するか?
・母屋の隣に「はなれ」をつくる?新しい事業と人財パイプラインの作り方

TOPIC2:徹底解剖!三菱重工のHR戦略〜三菱重工HRマネジメント部長の引地淳氏に、髙倉氏がズバズバ切り込む!〜
・三菱重工のHR戦略の全容
・“戦略人事”の実現を目指しHR組織を大再編!「HRリーダーシップ」「CoE」「HRBP」「ビジネスソリューション」の4つに再編された各機能の役割と狙い
・三菱重工はなぜHR改革の最優先事項として「HRDX」に取り組んだのか?
・人事部門が真っ先に最新デジタルテクノロジーを取り入れる深い理由
・ズバリ質問!「HR改革は狙い通り進んいますか?」
・HR改革を推進する中で見えてきた新たな課題と今後の方向性

TOPIC3:人事労務の仕事は企業のイメージに直結!DXの壁を打破するには?
・紙重視の文化的”思い込み”
・業務効率化の対症療法と原因療法、その違いとは
・Techouseが数ある業務の中から人事領域のDX推進に注力する理由
・人事領域においてデジタル化が可能な業務とその進捗
・デジタル化はなぜ進まないのか、3つの”壁”を解説

■出演者紹介

・髙倉 千春 氏
髙倉&Company共同代表、元ロート製薬 取締役(CHRO)
1993年からコンサルティング会社にて組織再編、人材開発に携わり、1999年ファイザー人事部担当部長、2006年ノバルティス・ファーマ人材組織部 部長、2014年より味の素理事グローバル人事部長としてグローバル人事制度を構築、展開。2020年よりロート製薬取締役、2022年同CHROに就任。2022年より日本特殊陶業社外取締役 サステナビリティ委員長。2023年より三井住友海上火災保険・野村不動産ホールディングス社外取締役。

・引地 淳 氏
三菱重工業 HRマネジメント部 部長
1991年三菱重工に入社。名古屋にて労務管理を担当後、2000年に本社に異動し、人事システム導入プロジェクト等に参画。2010年から名古屋地区のグループ長として、安全衛生、人事・労政を担当し、2018年に名古屋地区事業所の所長代理に就任。2019年に本社に異動し、責任者として人事システムのリニューアル、BPO拡大プロジェクトを遂行。2022年4月よりHRマネジメント部長(現職)。

・中川 拓也
Techouse 執行役員 クラウドサービス事業部長
2001年、NTTデータに入社。中央省庁のミッションクリティカルなシステムの構築に従事。2011年、RPA「WinActor」やAI-OCRによりバックオフィス業務を自動化する新規プロジェクトを企画し事業責任者となる。2020年、RPA担当部長として大手企業3,500社の人事部や総務部、財務部等の業務自動化に貢献。国内RPA市場シェア1位や、日経コンピューター顧客満足度調査1位等を受賞。『RPAホワイトカラー革命』(日本経済新聞出版社,2019)等を監修。2023年、Techouse執行役員に就任、クラウドサービス事業全体を統括。

■大手企業向け人事労務DX SaaS『クラウドハウス労務』とは

スマートフォンやパソコンを活用し、紙で実施されている「入退社手続き」や「身上変更」、「通勤申請」、「年末調整」、「給与明細配布」等を電子化・ペーパレス化するクラウドサービスです。人事部での申請書確認や人事給与システムへの再入力、紙管理等の業務を効率化すると共に、従業員が迷わず使えるユーザーインターフェースにより申請ミスや問い合わせの負担も軽減します。大手企業の複雑な業務や既存システム連携に対応する独自のクラウドシステム構造により、多数の大手企業に採用されています。

■株式会社Techouseについて

Techouseは、”We Develop.”をスローガンに掲げ、時代ごとの課題を解決する事業を創造し続ける企業です。クラウドサービス事業においては、大企業のバックオフィス業務の効率化を実現するDXSaaS「クラウドハウス」シリーズを提供しています。

最新ニュース

  • プレスリリース

    『クラウドハウス労務』、「人材業界から見た!人事労務DXの現場」セミナーシリーズの第二弾として建設業界編を6月25日に実施

  • プレスリリース

    『クラウドハウス労務』、「トヨタのクラウド導入」をテーマに「人事・労務DX EXPO」に出展

  • プレスリリース

    【無料】『クラウドハウス労務』、「トヨタのクラウド導入」をテーマにトヨタ自動車と公開対談を実施